iPhone修理を渋谷でお探しの方ならスマップル 渋谷本店

渋谷本店 03-6416-3383

営業時間 9:00 ~ 21:00

渋谷駅ハチ公口より徒歩1分で行ける最速15分のiPhone修理!工賃込み(地域最安値)の安心価格!ガラス交換からボタン系修理、水没復旧など修理のことならスマップル渋谷本店お任せください。

iPhone修理 渋谷 スマップル 渋谷本店

ios14.0.1がリリース!アップデート前にやることは??

カテゴリ:お役立ち情報

つい先日Appleからios14がリリースされましたが、早くも2020年9月25日にios14.0.1がリリースされました。

今回のアップデート内容はios14からの不具合を改善する内容がメインです。

iPhoneのソフトウェアのアップデートですが、アップデートする前に準備をしておかないとアップデートに失敗したときに初期化をしなくてはならないという事態にもなります!

今回はiPhoneのアップデート前にすることのご紹介です。

 

アップデートをする前に必ずやること

iPhoneのアップデート前に行うことはバックアップを取ることです!!

当店の修理お問い合わせではiPhoneのiosがリリースされた直後、アップデートに失敗してしまってリンゴループになったというお問い合わせが多くなります。

パソコンにiPhoneをライトニングケーブルで接続し再度アップデートすることで復旧することもありますが、何度試しても復旧しない場合はiPhoneの初期化、iTunesで復元という項目からiPhoneのデータを消して復旧を試みるしかありません。

iTunesでの初期化、復元の作業を行うとiPhoneのデータが工場出荷時、何もデータが入っていない状態になってしまいます。

iCloudやパソコンにバックアップがあれば最後にバックアップを取っていたデータはそこからデータの復元は可能ですが、過去にバックアップを行っていないとデータはもう戻っては来ません。

定期的なバックアップをおすすめします。

 

iPhoneのストレージ容量を空ける

iPhoneのストレージ容量がいっぱいだとアップデートのデータが入り切らず、アップデートの失敗に繋がってしまいます。

iPhoneのストレージ容量は設定のアプリから「一般」➡「iPhoneストレージ」から確認ができます。

アップデートに必要な容量は3G~4G程ですが端末や環境によっては異なることからストレージの容量は余裕を持って空けておくことがベストです。

iPhoneからストレージ容量いっぱいですという警告は無視せず、データの整理をしましょう。

 

思わぬ落とし穴!?自動アップデートの罠

設定のアプリから「一般」➡「ソフトウェア・アップデート」➡「自動アップデートをカスタマイズ」から確認できます。

自動アップデートは夜間Wi-Fiおよび充電器に接続されていると自動でアップデートしてくれるという一見便利な機能です。

なぜこの機能が落とし穴かと申しますと、先ほどのストレージ容量がいっぱいの状態でアップデートをすると失敗してしまうことに繋がります。

夜間の自動アップデートがオンですと、データの容量がいっぱいでもそのまま自動アップデートが実行され、朝起きた時にはアップデートに失敗しリンゴループのiPhoneがという現象になってしまいます。

お客様のお問い合わせでも朝起きたらリンゴループしていたという内容では自動アップデートによるものが原因の可能性が高いです。

自動でのアップデートをオフにするか、いつ自動アップデートされてもいいようにバックアップを取っておくことと、iPhoneのストレージ容量を空けておきましょう。

 

iosのアップデート前の事前準備をしっかりと行い無事アップデートを行いましょう。

2020年10月05日

お問い合わせ

スマップルへの修理予約&問い合わせ

店舗名 スマップル 渋谷本店
営業時間 9:00 ~ 21:00
TEL 03-6416-3383
住所 〒150-043
東京都渋谷区道玄坂2丁目6-2 藤山恒産第一ビル5階
東京渋谷で1番安いiPhone修理店

お知らせ

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

もっと見る 》

修理ブログ

修理に関する、修理内容などをブログにてご紹介。

もっと見る 》

お役立ち情報

スタッフが調べたiPhoneの豆知識や裏技をご紹介。

もっと見る 》